on the road

音楽・映画・小説・漫画・お笑い・ラジオの話。

あけおめ。

2017年のことを書きたくなっている。新年の挨拶はたくさんしたけれど。

 

日付を書く際、2018年とは自然にまだ書けず、2017年と書いてしまうから、身体はまだ2017年だ。その内、2018年と書けるようになっていくだろうけど、この時差というかズレみたいなものを単なる誤字とは呼べない。

 

何かを記録することは日々のことを忘れがちな僕にとっては大事なことだ。けど、2017年は怠惰な生活を送り続けていたし、なんも書かなくていい。もっと時間が経ってから書いたりすれば良い。

 

2018年のことを少し書く。

ブコメをたくさん読んだ。河下水希いちご100%」、峰浪りょう初恋ゾンビ」、本名ワコウ「ふれると、きこえる」、咲坂伊緒思い、思われ、ふり、ふられ」、桂正和電影少女」あたりだ。あだち充のラブコメをたくさん読んできたからか、恋愛だけが軸の物語は面白くないと思う。「思い、思われ、ふり、ふられ」はまさに、恋愛が軸の少女漫画の王道で、僕の好みとは逆のものであるから面白くないと思いつつ、最新刊の7巻まで読んでしまった。「H2」と同じように?男2人、女2人を中心とした話だ。内気なロングヘアーの女の子、活発でサバサバした恋愛感を持っているショートヘアーの女の子、とっても優しい幼なじみ、憧れのイケメン。しかもショートヘアーの女の子と憧れのイケメンは義理の兄弟で…。と設定過多だなーと思いつつ、最後まで読めたのは、女の子2人はそれぞれ1度想いを寄せる男にふられていて、だけど、実は男は女のことが好きで、みたいな部分だ。展開も速い分、4人以外はあまり魅力的に描かれていないから世界観が狭く感じてしまうが….。

 

1月3日に「ジャスティス・リーグ」を見た。

DCコミックなんて全然読んでないんだけど、DCコミックでひとつのユニバースを形成していて、スーパーマンバットマン、あるいはワンダーウーマンなんかが同じ作品に出てくるというのはワクワクする。むしろこういう映画は映画だけで評価するというよりは、他の作品とのつながり、設定の変遷なんかを追っかけていくのが楽しそうだ。秋頃に買った「ウォッチメン」もまだ読み終わってないけど、もう少し読んでいこうと思う。

 

今年の抱負は、ブログを毎週書くこと。いつまで続くか乞うご期待。