on the road

音楽・映画・小説・漫画・お笑い・ラジオの話。

生活リズムをぶっ壊すお盆休み

f:id:aoccoon:20220821163140j:image

今年のお盆休みは6連休で、予定が何もなくだらだらと過ごしていたが、例年の夏と違い、喫茶店で時間を潰すことが増えた。社会人の多くがもしかしたらそうなのかもしれないが、家は生活するための場所というより寝るための場所だと身体が記憶していて、終始眠気が襲ってくる。睡魔が家に棲みついているに違いない。睡魔に対応する英語が存在しない。欧米圏では眠気に抗う気持ちが薄いのか。

 

お盆休みの3日目だったか、台風が過ぎ去った後、午前中に洗濯機を回そうとするが、洗濯機の下部からカラカラと金属音が鳴る。まだ買って半年なのに、とげんなりする。午後にはどこか遊びに行こうと考えていたから、出鼻をくじかれてしまった。修理を頼むが、お盆の時期だからか、すぐには修理の人は来てくれない。1週間弱くらいは近くのコインランドリーを使う。コインランドリーをたまにしか利用しないから、利用するたびに料金の高さに驚く。コインランドリーを回している間、文庫本を読んで待っている姿に憧れるが、あまり落ち着かないから家に帰って、ご飯を食べて時間を潰す。

 

ちょうど今日、修理の人が来て、部品を交換してもらい無事に直る。保証期間内なので、修理費用は無料ですんだ。原因は洗濯物の入れすぎ。洗濯槽の6~7割くらいまでしか入れてはいけないみたいで、洗濯槽いっぱいに洗濯物を入れると水を吸って重くなった洗濯物に洗濯機の下のモーター部分が耐えられなくなったらしい。みなさん、気をつけてください。

 

ここ数年でいちばん何もしないお盆休みとなってしまった原因は、アプリゲーム。広告でVampire Survivorsのパクリみたいなローグライクゲームの存在を知り、インストール。1プレイ最大15分なので、時間を無限に費やしてしまう。しもふりチューブに感化され、クイズがやりたくなり、みんはやもインストールし、同じく時間を無限に費やす。生活リズムが崩れてしまい、午前中はずっと寝ていて、午後も二度寝、夜はアプリゲームを無心でやる、というだめな大学生みたいな生活をしてしまう。

 

先週くらいから霜降り明星のANN、オードリーのANNを聞くようになる。粗品が4連休で北海道旅行した話にほっこりする。家族サービスする粗品を全く想像できないけれど、赤ちゃんが寝てるから、ホテルマンに部屋をノックしないでくださいとお願いする描写にもうパパなんだなと思い知らされる。オードリーのANNで家にプリンターがあることはすごい、という話を冒頭でしていて、こういう生活の中の気付きみたいなものに触れられるのがオードリーっぽさあるよな、と思う。最近の学生はノートを貸す、という文化がなくて、LINEでノートの写真を送る、という行為に取って代わっている、という昼のラジオを聞いているときみたいな発見も心地よい。

 

今まで聞いていたラジオでは耐性ができていたのに、新しいラジオ番組を聴くと笑いが我慢できなくなるという経験は多々ある。スーパーでの買い物中に春日が久しぶりに髪を切った話で久しぶりに吹き出してしまうくらい笑ってしまう。マスクをしていてよかった。

 

spotifyの奇奇怪怪明解事典で、オンライン会議はなぜ盛り上がらないかという話をしていた。デジタル空間は情報を圧縮して相手に伝えることに向いていて、情報交換のみにフォーカスされて、脱線しにくい。時間に追われているときのオンライン会議はすぐに終わらせることができることにメリットを感じるけれど、オンライン飲み会の盛り上がりのなさ、心の底から話していない感はたしかにあって、一長一短ある。オンライン会議しているときは、自分の顔を見ている時間が長くて、常に自分を客観視している状態になってしまう、という指摘は鋭い。電話をしているときの相手との近さに比べて、オンライン会議するときのよそよそしさはそれが影響しているのか。

 

ちょっと前のSessionで放送部特集をやっていた。荻上チキさんが浦和西高校出身だったことにも驚きつつ、特集を聞いて、放送部に入ってみたかったと思う。最近、友人におすすめされて、YouTubeで「深夜のラジオを聴き続けて放送委員になった奴」を聞いていたから、尚更だ。永遠にpodcastをやりたい欲が湧き上がるので、誰か背中を押してほしい。

 

お盆休み明け、自分のデスクには帰省した人たちのお土産が積まれている。長期休暇明けの憂鬱が多少紛れるので、このお土産を買う文化は絶やさないでほしい。うちの会社では職場での誕生日プレゼント、バレンタインデーのプレゼントは禁止されている。セクハラ、パワハラが発生する要因になってしまうかららしい。こういうことを見聞きするたび、職場とプライベートをはっきり区別されてしまうことの功罪を考えてしまう。職場の人にプライベートをずけずけ踏み込まれるのには抵抗はあるにはあるが、賃金をもらう場所として割り切るにはあまりに多くの時間を費やしているので、コミュニティとしての一面が完全になくなってしまうのはどうなんだろうか、と思う。

 

仕事終わりの時間を有効活用できる人の生活リズムを知りたい。家に帰るのがだいたい19時半~20時半くらいなのだけれど、もう体力を使い果たしていて、ご飯食べてお風呂に入ったら、もう何かをする気力がなくて、スマホをだらだらイジって寝る、ということが続いている。帰りにファミレスに寄って読書かブログを書けたら良いなとは思うが、ワイシャツをはやく脱ぎ捨てたいし、帰り道にファミレスがない。1日2~3時間、やりたいことをやる時間を捻出するテクニックを教えてほしい。